カードローンのススメ

銀行だけでなく、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社もカードローンサービスを提供しています。
利便性が高く、無利息期間もある消費者金融のカードローンが人気です。
しかし、当座貸越できる機能がついたカードローンは、銀行ならではのサービスだといえるでしょう。
当座貸越は、銀行口座の残高が不足したときに自動的にお金を銀行から借りるシステムのことを意味します。例えば、銀行口座の残高が1万円しかないときに、クレジットカードの利用代金として3万円の引落しが行われるとします。普通なら残高不足により引落しできないはずですが、当座貸越機能がついた銀行口座なら、不足している2万円を銀行が自動的に貸してくれるため、支払うことができるようになります。
このような当座貸越機能は、各銀行のカードローンによってさまざまな名前で呼ばれています。三井住友銀行では「自動融資(バックアップ)」、みずほ銀行では「自動貸越機能」という名称で呼ばれています。
クレジットカードの引き落としでは、銀行口座が残高不足になり、返済が滞ってしまうと信用情報にキズがついてしまいますが、当座貸越機能がついていれば、残高不足で困る心配はありません。ついうっかりして、クレジットカードの引落し用口座の残高がが不足してしまった経験のある人は、当座貸越機能付きのカードローンを契約してみてはいかがでしょうか。

ところで、借金の返済を続けている場合には、過払い金請求ができる可能性もあります。まずこちらを確かめてみることです。
過払い金請求をすれば借金がなくなるだけでなく、お金が返ってくることもあるのです。
過払い金請求ができそうでない場合や抵抗を感じる人は、おまとめローンへの借り換えが最適です。おまとめローンには、銀行が扱っているものとそれ以外のものの2つに分けられます。
まずは銀行のおまとめローンを検討してみましょう。金利も低めに設定されています。たとえば、山口銀行のおまとめローンは、「フリーローンおまかせ山口君」です。利用可能な人としては、満20歳以上65歳以下の人で、完済年齢が満70歳以下、安定収入があり、保証会社の保証が得られる人となっています。申し込み時に必要な書類は、本人確認ができるものと所得証明資料ととなっています。来店不要でスマホやパソコン、電話で申し込んで郵送による契約手続きとなっていますし、使いみちの確認書は不要となっていますから、煩雑さもありません。